本ウェブサイトの目的と「岩手県北地域コホート研究」について

岩手県北地域コホート研究は、岩手県北部の宮古・久慈・二戸の3 保健医療地区の住民約26,000名を対象に、脳卒中、心疾患をエンドポイントとする大規模なコホートである。実施には、岩手医科大学、岩手県、市町村、岩手県医師会、岩手県予防医学協会、基幹病院が共同して行っている。ベースライン調査は平成14-16年度に実施され、生活習慣や健康診断の結果が循環器疾患発症や要介護状態にどのように影響を及ぼすかを明らかにする予定である。

本ウェブサイトは、これらの研究の成果を広く一般に公開するため、一般市民の皆さんや研究者が最適な情報を閲覧しやすいように制作されたものであり、研究成果については継続して公開・更新される予定である。

研究成果概要へ

お知らせ

2014/06/04
ウェブサイトを公開いたしました

お知らせ一覧